So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

四万温泉「積善館」で湯めぐり [いい湯だな~]

積善館の続きです。この部屋は客室としては使わず建築当時のまま残されているようです。
0214積善館 (10).JPG



積善館は本館の後ろの斜面に「山荘」「佳松亭」と呼ばれる新館が増築されています。これは本館から新館に向かうトンネルですが、ここも映画で異界への入口のモデルとなったとのこと
0214積善館 (15).JPG

トンネルを超えて最初に入ったのは「佳松亭」にある露天風呂「杜の湯」
0214積善館 (16).JPG0214積善館 (17).JPG

次に「山荘」にある貸切風呂「山荘の湯」に入ろうとしましたが二つある浴槽両方とも使用中。なので先に本館にある「岩風呂」へ。ここは積善館唯一の混浴[黒ハート]。ただし夜間は男女別専用時間が設定してあります。その時間はこの時計でわかるようになっていますが今は[ハートたち(複数ハート)]混浴タイム!![ハートたち(複数ハート)]
0214積善館 (18).JPG

更衣室は男女別ですが浴室は一つ
0214積善館 (19).JPG

0214積善館 (20).JPG

浴槽から見た更衣室方向。左が女性更衣室ですが残念ながら誰も入ってこねー。もっともこの構造で入ってくる女性がいるとも思えませんが・・・
0214積善館 (21).JPG

そして再び「山荘の湯」へ。今度は札は「使用できます」となっていました。
0214積善館 (22).JPG

この札を裏返してから入浴します。
0214積善館 (23).JPG

中はこんな感じ。浴室は二つあり、それぞれに浴槽が二つあります。
0214積善館 (24).JPG0214積善館 (25).JPG

この蛇口をひねれば高温の源泉が。好みの温度に調整できます。
0214積善館 (26).JPG

この後、一旦部屋に戻って至福の一杯。
0214積善館 (27).JPG

この後、オーナーによる歴史ツアーが開催されたので参加しました。
0214積善館 (28).JPG0214積善館 (29).JPG0214積善館 (30).JPG0214積善館 (31).JPG
いろいろ面白い話が聞けました。興味のある方はぜひ宿泊して直接聞いてください。

さて、積善館にはまだあと二つのお風呂があるんです。その一つは有料貸切風呂の「積」・「善」【利用料金(ご予約制):1回(45分)・・・3,240円】ですが今回はパス。そして最後のひとつが・・・(続く)

「にほんブログ村」に参加しています。あなたのクリックでランキングがアップ!記事がお気に召したらクリックをどうかよろしくお願いいたします。→にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へにほんブログ村 鉄道ブログへ



nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 3

Gut

最高ですねー!
by Gut (2016-03-11 20:39) 

HAL

Gutさん、こんばんは。以前日帰り入浴して魅せられたこの宿にやっと宿泊できました。群馬に来られた際にはぜひ!!
by HAL (2016-03-13 19:19) 

HAL

tochiさん、YUTAじいさん、トータンさん、makimakiさん、モボさん、とらさんさん、nice!をありがとうございます!!!!!!
by HAL (2016-03-13 19:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。